まだ間に合うプロペシア!薄毛の進み具合を停止させるフィンペシア

毛髪が薄くなる事を改善

前頭部に生えている額の生え際から、あるいは頭頂部が丸く円形に毛髪が薄くなる特有の症状が頭皮に現れるAGAの治療に用いられるプロペシアとは、内服薬となり症状を遅滞させるあるいは発毛が頭皮に診る事ができ、一年間を通して行われた臨床試験では軽い症状の方から中等程度の方を対象とした試験で投与者の半数以上の方に改善の効果が現れ、中高年層の方に比べると若年層の方により良い効果を発揮したとされています。

プロペシアは世界的にも初となる内服する事で発毛させる事の出来る薬剤であり、多くの国で使用を認められ国内では医師の指導の元で投与開始が出来る処方箋薬となり、年間を通して投与していく薬剤になるので定期的な通院と自費での費用を必要としますが本剤成分フィナステリドは発毛の効用を持つ唯一の成分でもあるので治療をするのであれば外す事の出来ない薬になります。

また留意点として70%以上の方に何かしら改善の効果を示すものの、残りの約30%の方には有効性を発揮しない為に確実にAGAを改善出来ると保証されているものではないので期待ばかりが先攻してしまうと望んだ結果にたどり着かなかった際に精神的に負担を感じてしまうので注意すると共に、プロペシアを投与中の約10%の方にリビドーを衰退させるあるいは薬剤を原因としてEDを発症する事があり、妊娠を希望する際には双方の価値観等が一致の上で個人ではなく相手の事も考えた投与を必要とします。

フィナステリドの作用機序はAGAの原因であり薄毛の進行を促進する物質DHTが産生させる事を抑制する事であり、この物質は5α-リダクターゼにより作りだされるので産生される前に阻害する事で頭皮の環境を整え、その人が持つ本来のヘアサイクルに戻す事で発毛の作用を発揮してくれ、強くコシのある硬毛へと生え変わる様になります。

またフィナステリドを成分とした薬には後発薬としてフィンペシアがあり、投与のメリットとして低価格での治療を実現する事が出来るので万一、効き目がなかった際にもフィンペシアであれば少ない費用負担で済むので作用機序や成分用量も同一なフィンペシアを治療に用いる事も有効な選択肢の一つとなります。

▲ PAGE TOP